酵素ファスティングによるダイエット方法!おすすめのやり方・期間や効果とは

近年注目のダイエット方法で人気の酵素ファスティングは、効果的なダイエットに取り組めるだけでなく、健康や美容、デトックスなど、いろんな目的でも行われているのが人気のヒミツなんです。
この記事では、酵素ファスティングをやって期待できる効果、やり方や方法などをご紹介しちゃいます。
かんたんなやり方で、ダイエットを始めたいひとには、酵素ファスティングは結果も期待できるおすすめの方法です。

ファスティングとは?

そもそもファスティングとは断食を示す英語で、昔から宗教的な儀式だったり、精神的な修行として行われてきました。
しかし、近年では断食という意味より、週末断食だったりプチ断食と呼ばれることもあり、健康増進や美容、エイジングケアといった目的のメソッドとしても注目されています。

また、断食といってもなにも食べないってわけではありません。
必要になる栄養素は摂りながら一定期間固形物を摂取しないことで疲れた消化器官を休ませ、カラダの中からリセットして細胞の活性化により代謝が上がると、脂肪燃焼や消費カロリーを高めることも狙えます。
摂取するカロリーを減らすとカラダの脂肪を燃やしてエネルギーを作るので、体脂肪を減らすことができることもポイントです。

ファスティングの3つの効果

人気のファスティングですが、ファスティングに取り組むと、具体的にどのような効果が期待できるか、ファスティングの3つの効果についてここでは詳しくお伝えしちゃいます。

ファスティングのダイエットの効果

ファスティング中は、過度なカロリー摂取を抑えられのでエネルギーが大幅に下がります。
食べものから摂取するエネルギーが活動に必要なエネルギーより少なくなると、カラダの中に蓄えられていた糖質を主としたエネルギーを使うようになります。
そして、蓄えられていたエネルギーを使い切ると、カラダの中の脂肪を燃焼させてエネルギーを作るようになるんです。
糖質から脂肪へエネルギーが切り替わって脂肪を燃焼することで、痩せやすいカラダ作りに取り組めダイエット効果が期待できます。

ファスティングのデトックスの効果

デトックス(detox)とは、カラダの内に溜まった老廃物や毒物などを排出することです。
私たちは、気づかない間に普段の生活で食べものなどから、様々なものを吸収してカラダに溜め込んでいます。
カラダには本来、老廃物や毒素、病原菌などを排出するチカラがありますが、たくさん入ってきて追いつかなくなる場合もあります。
一度ゴミが詰まると、さらに詰まって悪循環に…吸収するより排出する方が圧倒的に少ないです。
ファスティングするとデトックス機能が働き水分しか摂っていないに、息が臭くなる、黒い便が出る、目やにがでる、尿が濃くなるなど、蓄積された毒素や老廃物の排泄が活発になります。
これらの排泄は、カラダに溜まった老廃物や毒素を排出しリフレッシュするデトックス効果なんです。

ファスティングの腸内環境改善の効果

私たちの腸内には数百~数千種類の腸内細菌の働きで私たちの健康状態は大きく左右されています。
腸内細菌の悪玉菌が増えるとカラダの免疫力を低下させ、風邪などの病気が治りにくくなるだけでなく、毒性のアンモニア、アミン、硫化水素などの有害物質、発がん性物質が増えます。
また、悪玉菌が増えると善玉菌が自然と減り、悪玉菌が優勢の腸内環境になるため、便秘、下痢、口内炎、肌荒れなどカラダに様々な不調が発生します。
ファスティングによって、消化、吸収などの代謝、輸送などに使うエネルギー、酵素などをカラダの修復に回し腸内環境が改善、腸内細菌が活発化して免疫力が向上すると考えられます。

酵素ファスティングのおすすめの期間はどれくらい?

酵素ファスティングを実際に取り組むとき、どれくらいの期間で取り組むと良いのか?
おすすめの期間とその理由についてまとめたので、詳しくお伝えしちゃいます。

おすすめの期間は3日間

1~2日程度で数kg体重を減らしても、脂肪酸が作られない間に終わってしまいます。
そのため、脂肪の消費を目的に脂肪酸を作るため、最長の限度で3日間がおすすめです。

ファスティング終了後も置き換えダイエットは続ける

3日間のファスティング終了後、1日1食、置換えダイエットに切り替えましょう。
体重を一気に減量した後も緩やかなペースで食事の量、つまり摂取カロリーを減らせば継続的に痩せてるので、これが簡単ダイエットと呼ばれる理由です。
1ヶ月程度の間をあけて再び、3日間のファスティングを繰り返し取り組むやり方がおすすめですよ。

酵素ファスティングのやり方

酵素ファスティングの方法について、準備、実施、終了後の3段階にわかれます。
それでは、酵素ファスティングのそれぞれの段階のやり方を詳しくお伝えしますね。

ファスティング1週間前の準備期間

2~3日前より少しずつ1回分の食事の量を、いつもより少なくし、食事の量を6割~8割にし、前日の夜はできる限り少ない食事の量に抑えましょう。
高脂質、高タンパクの食べものを避け、食べ過ぎない生活を心掛けファスティングをはじめる前日は、早めに夕食をすませて就寝します。
空腹感が強くなり、一時的な飢餓状態で筋肉が落ちてはファスティングの効果も低くなるため、準備期間中の過食はダメです。

ファスティング期間中の3日間

3日間の酵素ファスティングで朝食、昼食、夕食をビタミン、ミネラルを含んだ栄養補給のため酵素ドリンクに置き換えます。
酵素ドリンクは使用量をしっかり守って、1日に3~9回程度飲み、酵素ドリンクの他になるべく1日で約2Lの水分を常温で5回以上に分け摂取が理想的です。
間隔をあけた水分補給により酵素の効果を高めて、空腹感の軽減にも有効です。
また、就寝中は吸収と代謝の時間です。
就寝中のに少しでも体温が高いと免疫力や代謝が上がるため、就寝前は毎日の入浴、半身浴、足湯で芯からカラダを温めて、就寝中の発汗を促しましょう。

ファスティング終了後の復食期間

何も食べずに3日間を過ごすと胃腸は小さくなっているので、たくさん食べると刺激が強いため体調を崩す場合もあります。
また、お肉など動物性タンパク質の急激な摂取は、リバウンドの原因になる恐れも。
リバウンドしないために回復食で胃や腸を少しずつならしていきましょう。
2~3日間を目安にし回復食の復食期間を決めて、できるだけ消化の良い食べものを食事内容に選ぶのがおすすめ。
はじめは、お粥、具なし味噌汁をゆっくりと摂ってください。
2日目からは、野菜、豆類、きのこ類などを加えたおかずとお粥がおすすめです。
高カロリー、高脂質、消化の悪い食べものは避けて、薄味の刺激が少ない回復食を用意しましょう。

ファスティング期間中の空腹が耐えられない


ファスティング期間中の空腹感は、暖かいもので軽減するのは良い方法です。
具なし味噌汁や白湯は、1人分200㏄の量を飲むとカラダの中から温まるので満足感を得られるでしょう。
また、断食といってもなにも食べないわけではありませんから、高いカロリーのものは控え無添加の野菜ジュース、果物ジュースを飲むのも良い方法です。

酵素ファスティングの注意点


酵素ファスティングでダイエットのやり方を成功するのに、注意するポイントもしっかり覚えましょう。
生理前はホルモンバランスが崩れるので、生理後の体調が安定している日を選び実施するがおすすめです。
生理後は卵胞ホルモンの分泌量が増加し新陳代謝も促進するので、脂肪燃焼の促進を考えても良いタイミングといえます。
ただし、自己流の酵素ファスティングは効果を実感できない、体調を崩すなどキケンがあるため厳禁。
必ずファスティングの専門家、医師に相談の上、安心安全な環境でファスティングに取り組みましょう。

酵素ファスティングはコツを掴めば簡単で効果的なダイエット!」

酵素ファスティングは、不足してる体内酵素を補いながら痩せ、胃腸の働きも休ませて、カラダの内側からキレイを目指しスタイルアップ効果も期待できます。
正しい知識、やり方を知りコツを掴めば、簡単で効果的なダイエットに取り組めるのが魅力的です。
そして、内側より太りにくく痩せやすいカラダに仕上げれば、スタイルアップだけでなく、リバウンドしない体型の維持にも有効です。
ぜひ、連休や週末を利用して酵素ファスティングに取り組みダイエットの成功を目指してくださいね!

また、最後になりましたがこのページでは、ファスティングの酵素ドリンクに黒汁(KUROJIRU)をオススメしています。こちらの記事「黒汁(KUROJIRU)の口コミや効果について調べました♪」も、よろしければご覧いただき比較検討していただけると幸いです。