チャコールダイエットってマジやばい!炭(活性炭)を食べてダイエットに効果あり?リバウンドしないやり方とは?

チャコールダイエットが流行っていますが、もともとはアメリカで流行っててハリウッドやニューヨークのセレブに人気でした。
日本でも芸能人の倖田來未さん、モデルの菜々緒さん、道端アンジェリカさんも取り入れてると話題になって、日本でも広まりとても人気になっています。

そんなチャコールダイエットについての効果ややり方、気をつけたい点などご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

チャコールダイエットとは?チャコール(活性炭)の吸着力を利用したダイエット方法


チャコールダイエットは、炭(活性炭)をカラダの中に取り込んで、活性炭の持つ優れた吸着力のはたらきで、カラダに溜まった脂肪や毒素、老廃物をカラダの外へ出してダイエットしようという方法なんです。

炭を食たり飲んだりするってことになるんですが、チャコールダイエットで使う炭は、バーベキューや炭火焼きの料理屋さん(鰻屋、焼き鳥屋)などで使う木炭と違って、木材やココナッツ殻などを900~1,000度の高温によって燃やしたできた活性炭なんです。
もちろん、ただ燃やして炭にするわけではなく、吸着効果が最大限になるように加工してあって食べても安全で大丈夫なようになってます。

この活性炭ですが、実際に医療の現場でも使われていて毒物などを誤って過剰に摂取してしまった場合の治療で使われていて、非常に優れた毒物などを吸着するチカラがあるんです。
活性炭自体は消化器官などでカラダの中で消化、吸収されてしまうことはないので、脂肪や毒素などを効果的にカラダの外へ出すことができます。

チャコールダイエットの効果とは?活性炭が持つ驚きの吸着力を動画でご紹介

チャコールダイエットで使う活性炭ですが、どんなものを吸着するか気になりますよね?そこで、具体的にどんなものを吸着するのかご紹介しちゃいます。

化学調味料 (主成分はグルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムなど)
食品添加物 (甘味料、着色料、香料、保存料、酸化防止剤など)
残留農薬 (食物に残った農薬で、厚生労働大臣の定める残留基準は0.01ppm)
有害ミネラル (水銀・鉛・カドミウムなど)
食品に含まれるアクリルアミド (遺伝毒性をもつ発がん物質)
アレルギー物質 (ハウスダスト、ダニ、花粉など)
細菌やウイルス
排気ガスなどに含まれる有毒ガス
たばこの煙

他にも、毒素がカラダの中でつくられる場合もあります。

腸内バランスが崩れて悪玉菌がつくるガス
ストレスなどで過剰に発生する活性酸素

このように、いろいろなものを吸着してカラダの外へ出してデトックスすることができるんです。

また、チャコールクダイエットで使われる活性炭は、ヤシ殻活性炭や赤松炭などが一般的に使われているんですが、その理由は、ヤシ殻活性炭や赤松炭は他の炭と比べて何倍も吸着効果が高いといわれています。

また、どれくらい凄いのか吸着実験の動画をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

チャコールダイエットで代謝機能が回復!リバウンドしない痩せやすいカラダへ


チャコールダイエットで使う活性炭のチカラによって、カラダに溜まった毒素を吸着してカラダの外へ出して毒素をデトックスすることができます。
そうすると、いままで知らない間にカラダの中へ取り込んでいた化学調味料や食品添加物、残留農薬、有害ミネラルなどの毒素が、肝臓をはじめとする臓器の負担となっていましたが、毒素をカラダの外へデトックスすると、臓器への負担がなくなり弱っていた臓器が本来のチカラをとり戻して活発にはたらくことができるようになります。

これまでは、カラダに溜まっていた毒素の解毒機能ではたらいていた肝臓は、活性炭のチカラによって毒素の処理をする必要がなくなるんです。
そうすると、本来の肝臓の機能だった糖質代謝、たんぱく質代謝、脂質代謝といった、さまざまな栄養素からエネルギーを産生して供給する代謝活動が活発になり代謝機能が回復します。
代謝活動が活発になると、それによって脂肪を分解して燃焼しやすいカラダへとなって、リバウンドしない痩せやすいカラダへなるんですね。

チャコールダイエットのやり方、効果的な取り方、飲み方とは?

チャコールダイエットの代表的なやり方について、ここではご紹介いたします。取り方、飲み方のタイミングによっても効果が変わってきますので、ぜひ参考にしてください。
より効率的な方法や、正しい取り方・飲み方で効果的な取り組みを行い、本来の代謝機能をとり戻して痩せやすいカラダになっちゃいましょう。

チャコールダイエットで使われている活性炭ですが、基本的には次の3種類が一般的です。
顆粒、パウダー状の活性炭
カプセルに詰められている活性炭
スムージードリンクなどの飲み物に含まれる活性炭
このような製品として販売されています。

料理の調味料として使って食事へプラスする


チャコールダイエットで使う活性炭は、無味無臭のものが一般的です。ですから、パウダー状の活性炭をそのまま調味料と同じように使って食事へプラスする方法があります。
例えば、クラムチャウダーに活性炭パウダーを加えると、真っ白なクラムチャウダーが真っ黒なクラムチャウダーへ変化しますが、普通のクラムチャウダーと変わらずおいしく召し上がることができて、デトックスもできちゃうのでとっても便利です。

水やミルクなどに混ぜたり、スムージードリンクにして飲む


チャコールダイエットで使う活性炭は、無味無臭のものが一般的なので、水やミルクに混ぜても変な感じもなく飲むことができます。
見た目は真っ黒なドリンクになりますが、イカスミパスタを食べたあとのように歯が黒くなる心配はないです。
活性炭の商品によっては、最初からドリンク用に甘味があるものもあって、より美味しく飲むことができます。

サプリメントで活性炭を飲む


カプセルに詰められている活性炭のサプリメントは、そのまま飲むことができます。
出先でも気軽に飲むことができて、ピルケースなどに入れておけば持ち運びも便利です。
ビタミンやカルシウムなどのサプリメントと同じ感覚で飲むことができるので毎日の生活に取り入れやすく、食べ物や飲み物の色が真っ黒になるは、チョット気が進まないと感じている人には、とってもオススメな方法といえます。

デトックスの効果を上げるためのやり方

チャコールダイエットで使う活性炭の吸着力は、ほかのデトックス方法とは比較にならないほどの効果が期待できますが、さらに効果を上げるために気をつけると良い点は、夜寝る前に飲むことです。
また、夜寝る前に食事をすると太りやすくなってしまいますので、寝る前に飲むときは水と一緒に飲むと良いのですが、ここでも気をつけたい点があります。
それは、冷たい水を飲むことで内臓が冷えてしまって寝つきの悪さをもたらし、深い睡眠もできなくなってしまうことです。
ですから、お湯を水で割るなどして、50度ぐらいの温度に冷ましてから飲むと、カラダの芯から温まって睡眠の質が高まるのでオススメの方法といえます。

ダイエットの効果を上げるためのやり方

チャコールダイエットは、活性炭のチカラを使ってデトックスをして、代謝機能の改善によって痩せやすいカラダを目指すものです。
ですから、好きなだけお腹いっぱい食べたりしていると摂取カロリーが増えるので、代謝機能が上がって消費カロリーがいくら増えても痩せることが難しくなってしまいます。
本格的に減量を考えた場合、1日の食事の1~2食をスムージーやシェイクなどに置き換えると、摂取カロリーを大幅にカットできるのでとても効果的です。

まとめ

チャコールダイエットについての効果ややり方、気をつけたい点などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ご参考になればうれしく思います。
ぜひ、ヤシ殻(ココナッツ殻)や赤松炭が入っている活性炭を選んでいただき、チャコールダイエットで本来の代謝機能をとり戻して痩せやすいカラダになっちゃいましょう!

また、最後になりましたがこのページでは、チャコールダイエット用ドリンクに黒汁(KUROJIRU)をオススメしています。こちらの記事「黒汁(KUROJIRU)の口コミや効果について調べました♪」も、よろしければご覧いただき比較検討していただけると幸いです。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする