体形と顔色が良く見える服を選びます

誰しも似合う色や形があるので、まずは自分を客観的に観察して、どんな体形なのか、どこがチャームポイントでどこを隠したいのかを研究します。
また髪や肌の色で似あうカラーも人それぞれなので、インターネットや本を使用して似合うカラーチャートを知っておくと服を選ぶ際にあまり迷いません。
私は骨格からしてストレート骨格タイプ、カラーで言うとウィンタータイプといった寒色系が似合うことがわかりました。
せっかく服を身に着けるのですから、スタイルや顔色が良く見えないと意味がないと思います。
自分のタイプを知っておくことで買い物の失敗もなくなりますし、判断も早くなります。
また、高価なアイテムと安価なアイテムを混合するようにしています。
Tシャツなどはユニクロや無印良品、そのかわりバッグやネックレス、靴などは少し値が張るいいものを身に着けるようにしています。
そうすることで全体的にシンプルながらも少し品が出るようなルックスになれます。